宮城県最古の造り蔵 創業寛文元年(1661年)宮城の地酒「鳳陽(ほうよう)」

ショッピングサイトはこちら
 
常 盤 鮨 〜東京・自由が丘で鳳陽が飲めます!〜
住所 東京都目黒区自由が丘 1-23-2
電話 03-3717-4860
明治3年創業の、自由が丘でもっとも古い歴史をもつ江戸前寿司のお店で、現在はこの道50年の寿司職人、4代目村松龍美さんが続けておられます。
シャリを担当するのは福井生まれの4代目女将さん。
ネタとシャリの絶妙なバランスは、親方と女将さんそのままです。

文豪の三島由紀夫氏が1956年8月19日に町内のお祭りでおみこしを担いだ際、常盤鮨さんで支度をされ、その様子が写真とサインで残っています。

ここでは大吟醸鳳陽、純米酒鳳陽、本醸造鳳陽が飲めますよ。ぜひ足を運んでみてください!

「いい日本酒を探していた時に、知人から鳳陽を紹介され、飲んでみたら気に入った」と仰ってくださった親方。
伝統に対する誇りを感じさせる方です。


>> 鳳陽探訪TOPに戻る

鳳陽探訪
Copyright(C) 合資会社 内ヶ崎酒造店 All Right Reserved.
合資会社 内ヶ崎酒造店 〒981-3311宮城県富谷市富谷新町27 TEL022-358-2026 FAX022-358-6208
●飲酒運転は絶対にやめましょう。お酒は20歳になってから。お酒はおいしく適量を。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。